もも組では謎の発熱や下痢などがみられ、体調不良の子が多いです。
手洗い、水分補給、換気に気を付けて睡眠、食事、運動を心掛け、元気に冬を 乗り越えたですね。
この頃、少しずつ友だちを認識してきて、一緒に笑い合ったり、遊んだりする姿が見られるようになっていきました。トラブルも多発中ですが仲良く手をつないでいる姿を見ると成長を感じます。今月も一人ひとりの成長を援助しながら楽しくすごしていきたいなと思っています。



1年で一番寒い大寒の時期ですが、今年は暖かく雪が待ち遠しいくらいですね。
今の子ども達は一日の生活の流れが分かり、次への見通しが立ち、保育者の声に反応出来るようになってきました。安心して楽しく生活できています。
友だち同士のトラブルも時にはありますが相手の思いを伝えていくと、少しずつ気持ちが分かるようになり「ごめんなさい」も言えるようになりました。
日々の子どもの成長を見守り、一緒に楽しみつつ、しっかりと応援していきたいと思います。



暖かい日が多く子ども達はたくさん外で遊んでいます。
「よ一いどん、しよう」と友だちや保育者と園庭を思いっきり走り回ったり六角ジムやドーム型の滑り台など高い遊具にも喜んで遊んでいましたよ。
動きが活発になり、運動能力の発達を感じています。
1月の保育参観は、お忙しい中参加して頂きましてありがとうございました。
最初はいつもと違った雰囲気に少し緊張している子もいましたがもありましたが、お家の方と一緒に過ごしとても楽しそうでよかったです。



節分…子ども達はかわいい豆入れを作って「鬼をやっつけるぞ~」と気合い十分の子ども達ですが、今年はホールで年長、年中児と一緒に鬼に豆をまきます。
怖い鬼に負けず「泣き虫鬼」「好き嫌い鬼」「意地悪鬼」など心の鬼をやっつけてほしいとおもっています。
保育参観ではおうちの人に抱っこやおんぶをしてもらい、子ども達もとっても嬉しそうでしたね。すみれ組もあと少しですがこれからも楽しみながら思い出を作っていきたいと思います。



暦の上では2月4日が立春です。今年は春の訪れが早いかもしれませんね。
さて、ばら組さんは過ごすのもあと2ヶ月となり、1年が過ぎるのが早いなあと感じます。今まで年長さんにり一ドしてもらっていた行事を進めていきながら、進級への期待が大きく膨らむよう援助していきたいと思います。



早いもので卒園まであと2ヶ月となりました。今年は暖冬で子ども達の中には汗びっしょりになりながら園庭を走り回っている子もいる程でした。
ここ最近やっと冬らしい寒さを感じられるようになりました。子どの達はルールのある遊びを楽しめるようになり、ドッジボールや集団遊びなど大盛り上がりで楽しんでいます。又、1月の体育教室では縄跳びを教えてもらい自分から練習する子が増え、随分上手になりました。
さて2月は豆まきや観劇、小学校見学などワクワクドキドキの楽しい行事が待っています。みんなで元気に参加出来るように双方で体調管理には気を付けていきましょう。そして残り少ない園生活をみんなと一緒に楽しく過ごし素敵な思い出をたくさん作っていきたいと思っています。